aga治療で重要なこと!

新しい髪は、毛母細胞が分裂することによって、生えてくるのですが、(毛母)細胞の中のDNAによって、一生涯の分裂回数が50回に制限されているため、agaの人は、発症の早い人で25歳くらいから、沢山の毛母細胞が、分裂不能になって、薄毛の状態になってしまいます。(「agaと薄毛の関係」参照)

 

aga治療は、毛母細胞の分裂回数に、まだ余力を残している内に、自分が「aga」かどうかの、検査を専門病院で受けて、早めに治療を開始する事が、最も重要です。

 

その検査は、血液や毛髪の、DNA配列を解析することで、aga(男性型脱毛症)の判定に加えて、aga治療薬(プロペシア等)が効くかどうかも、判定する検査です。

 

aga治療薬の、
フィナステリド(プロペシア)は、「Bテストステロン ⇒ Cジヒドロテストステロン(DHT)」への変換を防ぐ作用があります。
ケトコナゾールは、「@プロゲステロン ⇒ Aアンドロステンジオン」への変換を防ぐ作用があります。

 

 

*男性ホルモンは、@プロゲステロン ⇒ Aアンドロステンジオン ⇒ Bテストステロン ⇒ Cジヒドロテストステロン(DHT)このように変換されて行き、最終段階のジヒドロテストステロン(DHT)が、毛周期(ヘアサイクル)に悪い影響を与えます。